スポンサードリンク

2015年11月03日

三猿のほかの面は?

三猿の第3面と4面を紹介しますね。

第3面と第4面は近いです。
第3面が独り立ち直前の姿で、座っています。
  ↓
sannenn3.jpg

そして、第4面は、青年になった猿たちです。
青い雲が『青雲の志』を示しているんだそうです。
大志を持って、世の中に出て行くさまですね。
 ↓
sannenn4.jpg


posted by わんちゃん at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 三猿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

日光の『三猿』の意味は?

昨日、今年のというか来年の年賀状のイラストは『三猿』にしました。と書きました。
何のことはない、関東版の郵便局の年賀ハガキにしたまでですが、
それは、わたしの中の構想に『今年は三猿で行こうかな』と言う想いがあったからです。

その『三猿』ですが、いろいろ解釈がありますが、

わたしの解釈は

「耳は人の非を聞かず,目は人の非を見ず,口は人の過を言わず」

なんのですが、
子供(子猿)のころには<悪いもの>を見ず、聞かず、言わずと言う解釈も一般的です。

それは、この『三猿』は実は、彫刻が8面あって、その2面目(子供時代)だからです。
では、一面目を紹介しますね。
これです。
  ↓
sannenn1.jpg

これが『三猿』の第1面で、親子の猿が彫られています。
母親が子供の将来を心配してというか、見ているという感じです。

そして、次の第2面がいわゆる『三猿』なのです。
posted by わんちゃん at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 三猿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク